ComeCome三瓶山について
おすすめスポット

さんべパワースポットめぐり! 

三瓶周辺には、隠れたパワースポットがいっぱい。


浮布池(うきぬののいけ)
伝説を追って。湖めぐり!まずはここ。

三瓶山西の原から西へ下ると、そこに広がる面積13万5,100平方メートルと池という名にしては大きな湖があります。最深部3.5mで静間川の源にあたり三瓶山の噴火によって河川がせきとめられてできた「せきとめ湖」です。ここには名前に由来する伝説があります。長者の娘邇幣姫(にべひめ)大蛇に変身した若者に誘われ、池に入水し、その後池面に姫の衣が白線を描いて輝き、白い布が浮かぶようになったというものです。また水面に浮かぶ鳥居があり伝説の名がつく邇幣姫神社が祀られています。ぜひその神秘的な湖、浮布池へ!

 

 


 姫逃池(ひめのがいけ)
 伝説を追って。湖めぐり!第二章。 

 
三瓶山北の原にある窪地に湧水がたまってできた水深1mほどの浅い池で、湖の一生では最も老化した腐食富栄養湖に属しています。植物の根などでできた浮島が水面を漂う姿が見られる神秘的な小さな湖です。岸辺にはカキツバタ、ヨシ、カンガレイなどが繁り、水面にはジュンサイが見られます。また貴重なモリアオガエルやハッチョウトンボなどの繁殖地にもなっています。ここにも伝説があります。長者の娘「お雪」が力ずくで山賊のお嫁にされそうになったとき、勇気ある若者がただひとり山賊に立ち向かいましたが、戦いに敗れてしまいます。お雪は、山賊の追っ手からこの池に逃れ、身を守るために入水し、若者の後を追ったのでした。なんとも切ないストーリーです。

 室の内(むろのうち)
湖めぐり!最終章。

三瓶山最後の噴火でできた池で、その噴火口にあたり「室の内」といいます。ここには「鳥地獄」とよばれる場所もあり少量の二酸化炭素などの噴気が今でも発生しています。このため岩石は変成風化し、昆虫やカエル、小さい鳥などの死骸が見られます。
写真のアングルによっては逆さ三瓶を写すことのできる撮影スポットでもあります。また登山には東の原観光リフトを利用すればリフト山頂から25分余りで行くことができます。その昔には八面神社(現在は三瓶町志学に合祀)も建立してあった神聖なる場所です。そして神秘的な水面も見られる室の内をぜひ訪れてください。

三瓶山北の原キャンプ場  
Go to Camping , Sanbe 'Kitanohara' camping ground
 
山でキャンプならここ!

三瓶山の北エリア、北の原にある公営のキャンプ場です。一般キャンプには持込テントサイトのほか常設テントサイトや電源付サイトも用意されています。その他にオートキャンプ、ケビンが大型が3棟、小型が10棟があり、ドッグランも充実し犬と一緒に宿泊できるバンガローが5棟もあります!広大なキャンプ場内には炊飯棟が5棟、キャンプファイヤー棟も雨天もできるタイプも含め3棟、トイレが4棟、シャワー棟が3棟など本格的アウトドア体験可能です。

〒694-0003 島根県大田市三瓶町多根1121番1
TEL:0854-86-0152 FAX:0854-86-0214
公益財団法人しまね自然と環境財団
http://www.nature-sanbe.jp/camp/


三瓶山ハイキング go climbing Mt.Sanbe National park !
新緑を迎える三瓶山。高地からの絶景ポイントはここ!

国立公園三瓶山の山頂から望む景色は最高です。特に4月下旬から5月中旬にかけて噴火口あとにある「室の内(むろのうち)」を眼下に眺める新緑は圧巻です。三瓶山東の原観光リフトを利用すれば初心者やファミリーでの登山に最適です。観光リフト頂上に着くと、ものの5分で大平山山頂へ。そしてそこから25分で女三瓶山頂へたどり着きます。三瓶山は連峰となっており目標となる山も登山コースも千差万別。あなたのお好きなルートでチャレンジ!
 
 

登山からのがっつりランチ    Lunch after climbing
体を使って自然を体感。アクティブ女子にはこれ!

 

 

遊んだ後は、やっぱり温泉!  Go to Sanbe SPA

三瓶のお湯はナトリウム塩化物泉で保湿効果が高く、温まりの湯と呼ばれています。

 

 三瓶と言ったら、三瓶そば!
eat real good tasting soba 'SANBE SOBA' 
「そばめぐり」で舌鼓 名店ずらり!

超おすすめスポット

この秋おすすめ

秋の風物詩、さんべのすすき。
 

三瓶山西の原/野原一面に広がる「すすき」。 原っぱには三瓶高原クロスカントリーコースが張り巡らされています。すすきの中を迷路のようにジョギング、ウォーキングできますよ!


三瓶山東の原/大平山に広がる「すすき」。 東の原観光リフトからまた登山道から見下ろす眺め。山々の群青と秋色を重ねる。素敵な自然との出会いをその目に焼き付ける。さあ出かけましょう。


 
三瓶山北の原/伝説の池のほとりの「すすき」。姫逃池のほとりでカキツバタとともに風に揺られるすすきがあります。また北の原平原には、迷路と称した歩道があります。ぜひこの秋にチャレンジ!
超おすすめスポット
三瓶で、こんなに泊まれる!
三瓶山の周りでは宿泊できる施設がこんなにあります。

三瓶温泉にある国民宿舎。宿舎内の浴室は、酒樽などでできた露店風呂が数多く設置してあり、お湯めぐりが楽しめます。温泉風呂付の個室もあり。
住所:島根県大田市三瓶町志学2072-1
TEL:0854-83-2011

三瓶温泉にある大型の宿。ホテル風でもあり旅館風でもあり、贅沢な食材を使用しての料理や客室も別世界。窓から眺める中国山地の大パノラマにうっとり。皇室御用達だったかんぽの宿(三瓶簡易保養センター)を継承する宿となっています。 
住所:島根県大田市三瓶町志学2078-2
TEL:0854-83-3001

湯元旅館
三瓶温泉の源泉近く、谷沿いにある温泉宿。リラクゼーションも完備、三瓶そばやカフェでも立ち寄れます。
住所:島根県大田市三瓶町志学 ロ931
TEL:0854-83-2215

北の原エリアにあるキャンプ場です。冬でも大型ケビンとケビンに宿泊が可能なんです。それもウインター料金でお安く泊まれます。穴場中の穴場です。
住所:島根県大田市三瓶町多根1121-1 
TEL:0854-86-0152

北の原エリアにある国立の宿泊施設。スポーツ合宿や企業研修などの利用が多い中、家族でも友人同士でも泊まることができます。国営だけあり価格もリーズナブルで穴場です。雪山トレッキングや歩くスキーなどの体験も可能で冬の宿としても利用できます。
住所:島根県大田市山口町山口1638-12
TEL:0854-86-0311
小屋原温泉
三瓶の西に位置する小屋原温泉。熊谷旅館が温泉宿。炭酸の湧く温泉好きにはたまらないこれぞ秘湯です。
住所:島根県大田市三瓶町小屋原1014
TEL:0854-83-2101

池田ラジウム鉱泉
三瓶の西に位置する池田ラジウム鉱泉「 放泉閣」 。驚くのは温泉に含まれる世界有数のラドン含有量。ここも温泉マニアにはたまらない秘湯です。
住所:島根県大田市三瓶町池田2660-2
TEL:0854-83-2833